トップ

弾性ソックスで簡単足のむくみ解消

立ち仕事をしているせいか、夕方になるといつもむくみが気になります。
むくみといっても私の気になるのはふくらはぎのむくみで、だる重いと感じたり履いている靴がきつく感じています。

立ち仕事で足がむくむのは、重力で下に下がってしまった血液がうまく戻ってこないことが原因です。本来ならふくらはぎがポンプのように働いて血液を心臓に送り返すのですが、運動不足だとそのポンプ機能が低下していて、夕方頃にはむくみが気になるようになってしまいます。

運動不足だけではなく、むくみは食生活にも原因があります。
むくみの原因は体内のナトリウムが過剰になりすぎて、水分や老廃物を溜め込んでいることが原因です。洋食が中心だと塩分も自然と摂り過ぎているので、むくみやすくなってしまいます。外食や飲酒をする機会の多い私は、自然とむくみやすい食生活をしていたことがよく分かります。

簡単に足のむくみを改善することのできる効果的な方法は何でしょうか。

毎日簡単に出来ることと言えば半身浴です。水分をしっかり摂ってから、ゆったりと30分ほどかけて入浴すれば汗と共に老廃物も排出しやすくなります。仕事の合間などにするならツボ押しも効果的です。ツボ押しで血流を改善することで足のむくみも軽くなります。

運動が好きな人なら仕事の往復の時間を使ってウォーキングも良いですね。ふくらはぎを鍛えることでポンプ機能が正常になれば、足もむくみにくくなります。このようなむくみ解消法は、お金はかけたくないけれど時間をかけてもいいという人には向いています。

料理が得意、好きだという人の場合には外食をできるだけ控えて自炊することも良いですね。外食はどうしても塩分の摂り過ぎが気になってしまいます。ただ忙しいと栄養バランスまで考えて自炊することは難しいものです。食事だけでは足りないという場合には、水分を排出する作用のあるカリウムのサプリメントを摂ることも効果的です。しかし、サプリメントは継続して飲む必要がありますので費用がかかってしまいますし、飲み忘れてしまっては意味がありません。

時間がかかる面倒な方法は嫌だ、かといってお金もできるだけかけたくないという私が選んだ足のむくみを解消する方法は、弾性ストッキングを履くということです。弾性ストッキングというのは、足の部位に合わせて圧力をかけることで運動をしていなくても足を適度に刺激してむくみを解消してくれるソックスです。これが私にはぴったりの方法だと、弾性ストッキングでむくみ解消をすることにしました。

弾性ストッキングは色々なファッションに合わせやすいレギンスタイプ、スーツでも違和感のないパンティストッキングタイプ、そしてお手軽に履けるハイソックスタイプと様々です。足全体がむくむ人の場合は太ももまでしっかり包むタイプがおすすめですが、私の場合はふくらはぎのむくみが特に気になるのでハイソックスタイプを選びました。

寝ている時にも履きたい場合には20mmHg以下、日中はむくみが軽い人の場合は25mmHg、中度のむくみの人の場合は30mmHg程度の圧がオススメです。圧力が高すぎると履くのが大変ですし、長時間履いていたり就寝中に使うとむくみ以外のトラブルが起こる可能性が出てしまいます。

薄手のハイソックスなので、ボトムの下にこっそり履いていても分かりませんし、ささっと脱ぎたい時にもすっと脱ぐことが出来てお手軽です。面倒な食事制限や運動とは違い、弾性ストッキングはただ履いておくだけです。一度購入してしまえばサプリメントのように毎月出費がかかるという心配もありません。

Copyright © 足のむくみは弾性ソックスを履くだけ All rights reserved