体質に合った水を選ぶ

日本人が飲み慣れている飲水とは

  • トップ /
  • 日本人が飲み慣れている飲水とは

日本人の口に合いやすい飲水

すべての水には、硬度というものがあります。水における硬度とは、ミネラル分の含有量を表す単位で、日本の水道水は軟水に分類されます。今でこそ多くの人が、飲水にはペットボトルの水やウォーターサーバーなどを利用していますが、一昔前までは水道水をそのまま飲むことも少なくはありませんでした。そのことから、日本人が飲み慣れている水は硬水ではなく、軟水です。日本で販売されているペットボトルなどの飲水のほとんどは軟水で、硬水ではコントレックスなどの海外からの輸入品がほとんどです。これらの硬水には、マグネシウムやカルシウム、カリウム、ナトリウムなどのミネラルの含有量が多く含まれており、口当たりが硬く感じることが特徴です。ミネラルは、身体の健康を維持する上ではとても重要な役割を果たします。特に肩凝りなどに悩む人は、ミネラルの働きにより血流が改善され、肩凝りが緩和されることが期待できます。しかし味わいの面では、口当たりがきつく、中には頭が痛くなるという人もいます。それに引き換え軟水は、味わいもまろやかで飲みやすく、日本人にとっては美味しく感じる人がほとんどです。また、赤ちゃんや病後の人にとっては、ミネラルの含有量が多いことで、お腹を壊したり刺激が強すぎることもありますので、総合的に日本人には軟水の方が、飲水としてあっていることが多くなります。

↑PAGE TOP