軟水はまろやかで和食に合う

飲水である軟水の特徴

飲みやすい飲水「軟水」

水は人間だけでなく動物や植物、生きているほとんどの生命にとって必要不可欠のものです。ですが水はあまりに身近で当たり前の存在になっているので、飲水としてのありがたみを忘れている人もひょっとしたら少なくないかもしれません。じつは 水には種類があって、軟水と硬水にわけられます。このことは知らない人は意外に多く、また言葉は知っていてもどういう意味なのかよく分からない、という人もいるでしょう。軟水と硬水に分けられている判断基準は、1000mlの水の中にカルシウム、マグネシウムがどれだけふくまれているかによって決めています。WHOによる基準によると、水の中にふくまれるカルシウム、マグネシウムが120ミリグラム未満が軟水、120ミリグラム以上が硬水と定めています。日本で飲水として利用される水道水やミネラルウォーターは、だいたい軟水だといわれています。飲水としてとても飲みやすく、硬水にあるような苦みやえぐみはありません。軟水はクセがなくまろやかなので、素材本来がもつ旨味を引き出してくれるので、和食やご飯を炊くときなどにも適した水といえます。また、胃への刺激もすくないので、胃腸のあまりつよくない人でも安心して飲むことができます。

↑PAGE TOP